So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の日記 [音楽雑記]

朝、薬が切れててどうにも動けなかったので会社休みました。
まあ、今暇だし。

午前中は寝てたけど午後から起きてきて暇だったので
そうだ!コンセルトヘボウのトロンボーンの人誰だったのかな~、と思って調べてみた。
Bart Claessens でしょう。きっと。
見つけた映像は結構若いときな気がするけど。

これの関連動画に出てくる Claessens Familieconcert 2008 というのがあるんだけど
どうやら、この人すごい音楽一家みたいね。
パパはサックス、ママはファゴット
そして兄弟でトロンボーン、クラリネット、サックスをやっている、と。
おもしろいな~。みんな上手いな~。

そして、こんなのも見つけて全部見てしまった。
そういえば、昼前に久しぶりに4番を聴きたくなって聴いてたけど
何か違う!と思って、結局今はこれしかないな~。
それにしてもマーラーは3番作った後によく創作意欲落ちなかったな、と私は思うけど。

Mahler symphony No3-1M (1/8) Mariss Jansons Royal Concertgebouw Orchestra
トロンボーンの素敵なソロ入り。
でも、 3/8 に出てくるやつの方が良いかな。
それにしても BS-hi なかなかやるな・・・

nice!(0)  コメント(0) 

オアシス [音楽雑記]

何か最近疲れ気味。
気疲れとかいろいろと。
なんか、無音もいいんだけど
やっぱり音楽は心のオアシスな気がする。

映像で見ると更におもしろいね。


nice!(0)  コメント(0) 

HOT CHIPとか [音楽雑記]

有言実行で渋谷へ繰り出し、CD試聴してきました。
HOT CHIP は買おうかな、やっぱり。ポイント10倍の日に。来週末だ!
アルバムごとに傾向は若干違えど HOT CHIP の音作りにハズレなし。
Alexis のボーカルがまたいいんだよな~

ところで、HOT CHIP の試聴のところに
こんなのあった!

Joe は変態揃いの HOT CHIP の中でも特に輝いている太っちょのかわいいおっちゃんですが
合いの手でつぶやいてる人 そんなに活躍している人だったんですかー。
確かに、ライブでも割とリードしている風ではあった。

それにしても HOT CHIP はいつも金かかってなさそうで
いい大人が真面目な顔してこんなことよくやるなぁ!とプッと噴出す PV だね。

そんで試聴したけど、これなんかはおもしろくていいなぁと思ったけど
曲によって緩急が結構激しくてCDとして持っとくのはどうかな~て感じ。

nice!(1)  コメント(0) 

オヤジな魅力 [音楽雑記]

 

 

サマソニ放送のマニックスを見て
物凄く心ときめいた私です。
何で見なかったんだろ・・
それは、シンディ・ローパーと被っていたから。仕方が無い。
そもそも、この2つが被っているなんて
オカシイ!と、物凄く今更な文句を言ってみたり・・・

で、何にときめいたかって、ジェームスの声とギターに。ジェームスの声とギターはニッキーのミニスカより官能的だった(って、ニッキーのミニスカは色っぽくねぇか・・)。

放送されたのは3曲ぐらいで、Motorcycle emptinessYour Love Alone Is Not Enough と、あと何だっけな?その中でも、特に Motorcycle emptiness にやられましてね。声もだけど、あのギターリフはお色気たっぷりで鳥肌立っちゃったよ。

んで、マニックス ブームが発生して、久しぶりにCD聴いてみたりしたんだけど、何か違うんだよねー。
声も演奏も若くてさー。マニックスはオヤジになってからの方が断然イイよ!!
昔の曲をリメイクして出して欲しーい!!

残念ながら、サマソニの映像は見つからなかったんだけど、
Motorcycle emptiness 2007年ヴァージョンご覧あれ↓↓
ed"/P>

あと、昔貼った記憶があるんだけど、どっかいっちゃったので、もう1度。
Can't Take My Eyes Off You うーん、やっぱりこのヴォーカルはいいネ!!
どうでもいいけど、関連動画にMUSEがいっぱい出てくる(笑)
ed"


nice!(0)  コメント(0) 

過剰 [音楽雑記]

週末の、サマソニを見よう!の会のとき、実は今年のグラストも見た。
それでって訳でもないけど、ついでにThe KillersのCDを2枚借りて帰った。
The Killersは私のヴォーカル入り音楽暗黒時代(クラシックばかり聴いていた時代)に
デビューした人たちで、つまるところ、最近までよく知らなかった。
今年のグラストはメインステージのトリだったし、Q Awardsにもノミネートされてたから
てっきりUKな人だと思っていたけど、ラスベガス出身だった。
でも、UKロック好きな人たちが集まって組んだバンドだけあって、やっぱり音楽はUKだ。

CD借りてきてからというもの、ウチのプレイヤーはMUSEそっちのけで
The Killersにどっぷり浸かっている。
昨日はThe Killersを聴きながらMUSEの写真インタビューなんかを漁っていたけど、
全く違和感無く、いい感じだった。音楽が似てるのかもしれない。
そういえば、前に友達にMUSEのCDを貸した時に、「過剰だね」って言葉が返ってきたが、
最初にThe Killersを聴いたときに、その言葉を思い出した。
そして、私はその「過剰」なのが好きなんだ、絶対。特に東京に来てからは。
なんか、東京は閉塞感があって、いろんな意味で私は常に開放感を求めてる気がする。
ひたすら広いところへ逃亡して、ぼーっとしたい。
そういうのとはちょっと違うけど、MUSEもThe Killersも、
広い世界観と異空間を提供してくれる素晴らしいアーティストだ!!
そっちの世界へトリップしたい。ライブ行きてぇな~。

そのThe Killersも11月にオーストラリア ツアーがあって、
MUSEとすごいニアミスなんだけど!!
私の見るMUSEと同じ場所のちょうど1週間前にライブやるし。
しかも、The Killersは2 days!おーいMUSE、負けてるぞ~(笑)
メルボルンでは、MUSEの2日前に、これまた同じホールで。
もうちょっと早くキラーズにその気になってたら、
メルボルンの両方のライブに行ったのにな~。ま、しゃあないね。次回来日に期待!!
来年のフェスに来ないかな~。

そんなThe Killers@Glastonbury 2007


nice!(0)  コメント(6) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。