So-net無料ブログ作成
検索選択

Wait For Me [CD棚]

ウェイト・フォー・ミー Moby / Wait For Me

前作から1年半ほど。早く出しちゃったもんだね。
前作は前作で好きだけど、やっぱりPlayがいつまで経っても忘れられない私としては今作は凄く嬉しい感じ。

映像も素敵。
やっぱりMobyってミュージシャンというか、アーティストね、と思わせるね。

全曲分短いクリップがあるようですが、いくつかピックアップすると、こんなの好きね。特に。

ね、Playっぽいよね。何となく世界観が。
さらに、この記事読んで感動した。
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=24489

このアルバムは、デヴィッド・リンチ監督が2008年2月にBAFTAアワード授賞式で行なったスピーチ
「自分のために物をつくることは非常に美しく、素晴らしいことだ。」に触発され作り出された作品。

感動したというか、何となくMobyの本質はこういうところにあるのかな、と思うと嬉しくなった。
私も凄く好きだから。こういう音楽
ヘビロテ間違いなし。特に日曜の昼とかにぼ~っと聴きたい。
そして、ライブに行って気持ちよくなりたい。日本に来てくれ~。
とか言ってまだ買ってないんですけど。。たぶん安いからアメリカで買おうかと・・・


nice!(0)  コメント(0) 

All the Plans [CD棚]

All the PlansAll the Plans / Starsailor

宣伝です。宣伝です。
みんな買おうよ、Starsailor。
前作はちょっと進む方向間違ってないかい?て感じだったけど
今作で見事に軌道修正!
やっぱ、Starsailorはシンプルが1番です。
見事な復活劇に泣けてきます。
涙が止まりません!(それはちょっと大袈裟)


nice!(0)  コメント(0) 

プーランク [CD棚]

プーランク・プレイズ・プーランク&サティ(紙ジャケット仕様) POULENC Plays POULENC and SATIE
すっかりプーランク モードな今日この頃です。
このCDは「自作自演」ていう付加価値がなくても
普通に、いいなぁ、好きだなぁ、って感じで2倍お得。
パリジャンって男性でも幾分女性的なイメージがありますが、
プーランクの弾くピアノは物凄ーく男性的って印象!
プーランクが弾くサティは、よく聞くサティの雰囲気とは全く違って面白いし、こういうピアニストってあまりいないんじゃないかしら。


nice!(0)  コメント(0) 

DAY & AGE [CD棚]

Day & Age

Day & Age

KILLERS

 

 

 

アルバム3作目。

1ヶ月前ぐらいに発売になっていて、ポップになったという噂は聞いていましたが、
ポップになっていました(笑)
そして、ポップになって成功してる!と思った。
1作目、2作目とキャラクターが強くて3作目で普通(ポップ)になってしまって
興味がなくなってしまったアーティストは数知れず。
KILLERSはうまく融合していて、こーれはいいんじゃないの!と。
ポップなんだけど、2作目の壮大さとか世界の広がりは健在だし
相変わらずヴォーカルのキャラ立ちは抜群だし。
特に A Dustland Fairytail のような
ヴォーカルが前面に出つつ音に広がりのある曲は絶対ライブで聴きたい。
アルバム3枚でどれも雰囲気が違って、気分によって3枚どれでも聴きたいと思える
KILLERSの進化に万歳三唱。

 

それにしても、また1歩QUEENに近づいたような?雰囲気が。
目指せ!21世紀のヒーローですね。


nice!(0)  コメント(2) 

ロメオさんとジュリエットさん [CD棚]

proko.PNGプロコフィエフ: バレエ組曲「ロメオとジュリエット

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮
ケルン放送交響楽団

 

 

スクロヴァさんのロミジュリをマニアの会のオジサマに貸して~てずっと言っていたけど
自宅のCDの山の中から見つけられない・・となかなか貸してくれないので
結局自分で買いました。安かったし。

オジサマがもってるのは、多分ミネソタ響のやつだけど、ケルンのこれの方が安かった。
こっちで正解だったかも。
透明感が抜群。
ガラスの破片がバシバシ当たってきて痛いほどのクリスタル
そして闘争?の場面では抜群の重苦しさ。
ジュリエット役?のフルートがイメージまさにジュリエット!て感じでいい仕事をされてます。


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。