So-net無料ブログ作成
-クラシック編 ブログトップ
前の5件 | -

藤原浜雄 ヴァイオリン・リサイタル [-クラシック編]

11月29日@紀尾井ホール
藤原浜雄(Vn),三上桂子(Pf)

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第7番
ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ(1917)

レスピーギ:ヴァイオリン・ソナタ(1917)
サン=サーンス:ハバネラ

チャイコフスキー:なつかしき土地の思い出op.42より第3曲メロディー
ヴィエニャフスキ:スケルツォ・タランテラop.16
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番ト短調

はじめてのリサイタル。一音聴いてゾクッときた。
とても好きな奏者かどうかはそれで分かることが分かってきた。
浜雄さんも好きな奏者。

ベートーヴェンは栗の渋皮のように渋い。いろいろと。
ただ、渋いのはいいんだけど、個人的にはベートーヴェンってもっと広いイメージ。
浜雄さんの音楽空間(というのか?)はベートーヴェンにはちょっと狭いかな。
体型とも関係があると思うけど。だってドイツ人って大柄なイメージ。

一転ドビュッシーは素晴らしかった。
とても意外だったけど、フランス音楽がとてもお似合い!
メリハリあるけど気品あって、静かなお月見のバックミージックにぴったり。
もしくは夜に咲く蓮の花。素晴らしい!

レスピーギも面白かったけど、時間経って記憶がちょっと薄れてしまった。

サン=サーンスも勿論素晴らしかった。
基本的にはドビュッシーと同じ感想。
ドビュッシーよりさらに濃い。

アンコールも良かったが、本編後半が特に素晴らしかっただけに
無くてもよかったかなーと思った。
特にブラームスはね(ベートーヴェンと同じ感想)。

ドイツ系の音楽以外はとても好みで毎晩でも聴いていたい。
そして魅力的な高音。中音域弾くように弾くなんて!
そして中音域的なまろやかな音。人柄かなー。
ヴァイオリンのことは全然わからないけど、めちゃ上手だなー。

最後に、ピアニストが奥様だからか、
よくある演奏前に目を合わせて微笑みあうというのが無くて
少しばかり奇妙だった(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

都民劇場音楽サークルにて [-クラシック編]

チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ@東京文化会館
指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ
ヴァイオリン:三浦文彰

ボロディン:歌劇「イーゴリ公」よりダッタン人の踊り
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 op.47

スヴィリードフ:「吹雪」よりワルツ・エコー
チャイコフスキー:「白鳥の湖」よりスペインの踊り

都民劇場音楽サークル定期公演ってやつで
行ったらプログラム貰えてちょっとビックリ。

ダッタン人の踊りは地味だけど場面ごとに色が変わり、じわっと好演。
基本、このオケは地味なイメージだけど何だか雰囲気あって
そういうダッタン人にじわじわくる。
もちろんスネアのオッサンのアクセントは抜群。

三浦文彰は初めて聴いたけど「真面目」の一言に尽きる。
生真面目なのか?
だから曲も合ってない気がするし、オケとも合わない気がする。
都響とかと別の曲をやったら印象も違ったかもしれないけど
よりによってこのオケ バックにチャイコフスキーは無いな・・・。
オケは1音の中にもドラマがある音楽なのにソリストは直線的。
バックの管楽器ソロの方が情感的だったよ。。
申し訳ないが、途中で退席したくなった。
こんなことは滅多にない。
オケもつまらんチャイコだなーと思いながら演奏していたのかどうかは知らないけどイマイチ。
何度も言うが、外国オケにソリスト付けるのは本当にやめていただきたい。

そんなわけで私の気分が沈んでいたからかもしれないけど
後半もイマイチとはいわないけど、あと一歩。

1,2楽章はわりと淡々としていて、3楽章の途中で動き出すっていう構成が
スクロヴァのあの演奏 を思い出させたけど
3楽章途中からも特に逼迫感があるわけではなく
終楽章を聴いて、あーこれは御前演奏のようだ、と思った。
スクロヴァと正反対?合ってるのか分からないけど。

アンコールは流石の一言でした。
このオケはこういう作曲家の曲の方が合うなー。
基本、深刻じゃないんだよね、音と雰囲気が。

ということで、ちょっとモヤモヤする演奏会でした。
今日がサントリーでツアー最終日のようなので仕方ないか。
サントリーでラフマニノフ2番聴きたかったな。
何でこっちのチケット取らなかったんだっけな。
気がついたときには高いチケットしか残ってなかったんだっけな。。うーん。。

nice!(0)  コメント(0) 

初LFJ [-クラシック編]

GW の話になるが、初めて LFJ に行ってみた。
行ってみた結果、私のスタイルじゃないかな。
聴いてみたい公演はいくつかあったけど、お金無いよ、そんなに、って感じ。
フェスティバル的な雰囲気は好きだけど
チケットあと3割ぐらいは安くしてくれないと気軽にいろいろは行けないかなー。

ということで、本当に聴きたいのだけ聴いて帰って来た。

オーヴェルニュ室内管弦楽団
指揮:ロベルト・フォレス・ヴェセス
フルート:上野星矢

ヨハン・セバスティアン・バッハ:管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
ヘンデル:「アルチーナ」から
テレマン:組曲 ト長調「ドン・キホーテのブルレスカ」

やっぱり気になる存在、上野星矢。
朝 9:45 からの公演。何で朝からそんなに完璧に吹ける!?凄いなー。
前回と印象は変わらず、爽やかで真面目な好青年だった。バッハがよく似合う。

指揮者は私の好みではなかったけど、オケが結構主体的で、こういう楽団は好きだな。
フランス人はステージ衣装もオシャレで、ステージ雰囲気も私は好きで
もっと積極的に聴きたいかも。
特に初めて聴いたけど、テレマンのドン・キホーテは大変面白かった。

nice!(0)  コメント(0) 

東京・春・音楽祭 ーピアノ三重奏の夕べ [-クラシック編]

東京文化会館 小ホール
ヴァイオリン:アンドレアス・ブーシャッツ
チェロ:オラフ・マニンガー
ピアノ:オハッド・ベン=アリ

ラフマニノフ:ピアノ三重奏曲 第1番 ト短調 《悲しみの三重奏曲》
ブラームス:ピアノ三重奏曲 第1番 ロ長調 op.8
シューマン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 op.63

ラフマニノフは初めて聴いたけど、とってもセクシーな3人。
ラフマニノフにセクシーってイメージはなかったけど
なかなかよい。
じっくり聴かせるタイプで、もう1回聴きたい。

続くブラームスとシューマンも地味でアグレッシヴ。
何と表現していいか分からないけど
ドイツ語を話す人たちの音楽だった。
日本語とか英語を話す人たちだと
どう頑張ってもこんな音楽はできないだろうな、と。
ドイツ人って、こういう音楽を日常的に聴けるんだと思うと
とても羨ましいなーなんて思いながら聴いていた。
そういう日常的な音楽だった。しかも上手い。
そういうのって地味に贅沢だし、好きだな。
TV も含め、最近室内楽ではもやもやすることが多かったけど
久しぶりに充足した時間を過ごせて、行ってよかった!とても。

nice!(0)  コメント(0) 

大阪フィルハーモニー交響楽団@東京芸術劇場 [-クラシック編]

指揮:井上道義

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調「1905年」op.103
ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 ニ短調「1917年」op.112
 
一言でいうと、うーん、、違うなぁ、、、だった。
曲を聴いていても何のイメージも湧いてこなかった。
そんなことは珍しいかもしれない。
楽しみにしていたので非常に残念。
 
あるいはこれがチャイコフスキーか何かなら良い演奏だったと思ったかもしれない。
でもショスタコーヴィチではないかなー。根底が明るい。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - -クラシック編 ブログトップ
メッセージを送る