So-net無料ブログ作成
検索選択
-アメリカ・カナダ編 ブログトップ
前の5件 | -

9/18 Sun. [-アメリカ・カナダ編]

帰るために 8 時に出発。
約 3 時間のドライブで空港へ。

暫くはロッキー山脈を左に見ながらの田舎道。
同じ田舎でもアメリカカナダでは雰囲気が違う。
気のせいではないはず。カナダの方がヨーロッパ的な感じ。
そして雲が近い。高緯度を実感。
01.jpg02.jpg

Hwy 2 に合流すると、だんだん都会っぽくなってきて
遠くに見えるカルガリー。旅の終わりを実感。
03.jpg04.jpg

無事に車返して昼過ぎの飛行機成田へ。
相変わらず平和で暇そうな国際空港。
05.jpg

帰りは、アラスカ沿岸部をずっと飛んでいて
私の隣で窓側に座っていた母娘がゴツいカメラで大はしゃぎ。
1 列後ろの窓側に座っていたダンナちゃんもつられて写真をたくさん撮っていた。
ダンナちゃんの隣の女子2人も、その後ろの列の人も?
なんかこの一帯だけアラスカ氷河に釘付けで面白かった。

Malaspina Glacier から Anchorage ぐらいまで。
留まる氷河、移動する氷河、崩れる氷河。
アラスカっていいなー。一度は行ってみたいなー。
06.jpg07.jpg08.jpg 

大きなマップで表示


nice!(0)  コメント(0) 

9/17 Sat. [-アメリカ・カナダ編]

1 週間振りの悪天候。
正午から雨予報なので午前中にサクっとトレイルへ。

昨日の素敵宿。
トレイル ヘッドは宿のすぐ裏。
01.jpg02.jpg

天気は悪いが紅葉は綺麗。
03.jpg

今日も片道 2 時間ぐらい。
朝の出発は人も少なくてクマちゃんの森は恐怖倍増。
綺麗なところだけど。
04.jpg05.jpg

ここのトレイルはアップダウンも少ない比較的お手軽トレイルで
しかも紅葉がお見事。散策にお勧め。
06.jpg

そしてゴールはこれ。Iceberg Lake
ちょっとしたアトラクションにもってこいトレイル。
07.jpg

この時季はもう氷河は浮かんでなかったけど
初夏の頃は本当に綺麗なんだろう。
08.jpg

ここでブランチしていたんだけど、パラパラ雨が降ってきて
しかも凄い風!激寒!
天気が良ければもっといいところだったんだろうけど、少し残念。
でも一足先に晩秋を感じられて、なかなか楽しかった。

本格的に降り出す前にそそくさと下山。
Iceberg Lake の方(雲がかかってきた)。目指す方。
09.jpg10.jpg

駐車場に着く少し前に本降りになってきた。
ギリギリ セーフ。
11:50 ごろトレッキング終了。
山の天気も当たるもんなんだね!

その後、昨夜のレストランでランチをして
さよなら Glacier National Park
とても楽しかった。

一旦公園を出て、また入園。
11.jpg

12.jpg

そして国境越え。
なんだか可哀相になってくる標石。
右が UNITED STATES で
左が INTERNATIONAL BOUNDARY。

 

アメリカの管理事務所はここでも立派な建物だったけど
カナダ側は "小屋" で、中におじいちゃんが一人だけ。
銃は?何で持ってないの?モンタナだよ?とか言うお茶目なおじいちゃん。
アメリカ入国時にホッチキス留めされた出国カードは
おじいちゃんによって無事剥ぎ取られた。
そして、カナダの入国スタンプと共に
Port Of Chief Mountain」押してくれた。
国立公園内に位置しているからだね!いいね!
13_2.jpg

入国したら INTERNATIONAL PEACE PARK のモニュメント。
13.jpg

Waterton Lake の方。
山はやっぱり雨だけど、遠くの空は晴れている。
14.jpg

国立公園地帯を抜けて田舎の風景。
雲のある風景も趣があるし、藁のころころとかミレーの世界。
国立公園の山道もいいけど田舎道もよい。
15.jpg16.jpg

明日の帰国に備えて、今日は Pincher Creek という
中途半端な場所で一泊。
町に近づくころ渦巻き雲が発生していた。
こういうの何て言うんだっけな?
17.jpg

明日はいよいよ帰国。
ブログを書いているだけなのに悲しくなってきた。。。

大きなマップで表示


nice!(0)  コメント(0) 

9/16 Fri. [-アメリカ・カナダ編]

旅も終盤。
前日の家族会議により、少々ロング トレイルに行くことにしたので
早起きしてまずは 2 時間半のロング ドライブ。今日は移動日でもある。

3 回目の Going-to-the-sun Road を超えて公園の北側へ。
昨日の日中の山もいいけど、朝は静かでこれもまたいい。
お別れの 1 枚。
01.jpg

しばらく走ると渋滞が発生していた。
もしかしてまた道路封鎖されちゃってる?と不安になったけど
近づいてみるとコレだった。
02.jpg03.jpg

ビッグホーン シープちゃん。
かわいい。
この旅はあまり動物運なかったけど、最後に出会えてよかった。

峠を越えて、こちらもお別れの 1 枚。
日がだいぶ昇って今日も暑くなりそう。
04.jpg

Many Glacier のエントランス
道は悪いが平和な雰囲気。秋深し。
05.jpg06.jpg

今日の目標 Grinnell Glacier。
まずは Many Glacier Hotel の駐車場へ到着。
ここからでも歩いて行けるけど、ボートでショートカットしたいなー。
ボート小屋に行ったら無事 11:00 のボートを予約できた。
往復 25 ドルぐらい。まあいいでしょ。

ボートは満席で、行きは蛇行しながら、いろいろな解説付き。
07.jpg

Swiftcurrent Lake を超えて、少し歩いて別のボートに乗り換える。
次は Lake Josephine。
08.jpg

目指す氷河はあちら。
09.jpg

ボート降りて水辺でお昼を食べて出発。
ショートカットできたので元気に歩く。
帰りの最終ボートが 17:15 ぐらいなので間に合うように頑張って歩く。

半分ぐらい来たところで Grinnell Lake が見えてきた。
景色もいいし紅葉も綺麗だしトレイル自体も楽しい。
充実ハイキング。
10.jpg11.jpg

来た方。行く方。
どちらも最高!
12.jpg13.jpg

2 時間ぐらいで到着!
14.jpg

写真じゃ伝わらない&写真に納まらないシリーズ!
15.jpg

左の方まで行ってみた。
くるくるの地面。
16.jpg

私は疲れちゃったのでここまで。
ダンナちゃんは氷河まで遊びに行った。
私の側では、解け続ける氷河の水がザーザー流れていっていた。
この裏が Going-to-the-sun Road というのもまた感慨深い。
大回りして裏まで来ました。
17.jpg

1 時間ほど上で過ごして下山。
Grinnel Glacier とてもいいところだった。トレイル含め。
今日のダンナちゃん。
18.jpg

お迎えが来たので帰ります。
帰りは最短コースで。
19.jpg

夕方なので、岩肌にマウンテン ゴートちゃんが何頭かいたよ。
遠かったのでとっても小さかったけど(中央の白い点)。
20.jpg

この日は Swiftcurrent Motor Inn に宿泊
今まで泊まった国立公園の宿の中で一番綺麗だった。
普通に綺麗だった。
シャワーも新しかったし、きっと最近改装したんだな。快適。
さらに、ここのレストランで食べた Reuben sandwich 美味かったー。
今日はすべてが良い思い出。

大きなマップで表示


nice!(0)  コメント(0) 

9/15 Thu. [-アメリカ・カナダ編]

早起きして日の出ポイントへ。
早朝から 1 時間半ぐらいのドライブのため
行こうかどうしようか迷ったけど折角なので。

少し雲があって、うっすら朝焼けだけど
静かでとても綺麗な場所だった。
ドイツ系の名前のご夫婦も埋まっている。
たぶんお気に入りのポイントだったんでしょう。
01.jpg

このあと、これまた折角だからという理由で
何となく Two Medicine に来てみた。
上の写真の湖沿いを走った先にある湖。
人が少なくて、静かにキャンプしたい人にはいいかも。
02.jpg

朝ごはん食べて、昨日とは逆廻りで公園中枢部へ。
今日のログはここから。

こちらは Saint Mary のゲート
ここで初めて公園の地図と新聞を入手!お姉さんがやたらと元気だった。
03.jpg

本日一発目は St Mary Falls と Virginia Falls へ。
昨日で学習したけど、スタート ダッシュが大切。
ここのトレイルヘッドは駐車場少ないのに
Easy だから人がたくさん来るんですよ。
早起きした甲斐があり、最後の何個かのうちのひとつを無事ゲット。

今日も天気が良くて、焼けてる森は日影がないから暑い。
一つ目の滝までは 30 分弱。
07.jpg

04.jpg

St Mary Falls
まったく期待していなかったけど
思っていたよりはよかった。

 

 

05.jpg

Virginia Falls へ。
川沿いを少し上る。
この辺りから森が復活して
快適ハイキング。

 

 
06.jpgVirginia Falls
まったく期待していなかったけど
まあ、思っていたよりはよかった。

 

 

そんなこんなで往復 2 時間弱のハイキング終了。
駐車場に着いたら案の定、駐車場のいざこざが発生していた。
おじいちゃんおばあちゃんが結構居たけど
ちょうどいいハイキング コースかと。

Going-to-the-sun Road を昨日と逆から上る。
時間帯も違うし、逆からだと少し違った印象のところもあり。
でも、いくつかのビューポイントはスルーし
満車で駐車場難民で溢れるビジターセンターも華麗にスルーし、下山。

09.jpg

Haystack Creek の滝。
昨日見たときも綺麗だったけど、朝で暗かった。
日中見ると格別!神々しいとは正にこのこと。
写真だと魅力が半減だけど・・・。

 

車で側を通ったときに「おー」と思って
少し遠くのところに車を停めて近くまで歩いてきて撮ったんです。
そしたら他の人も歩いて来だした。みんなのために前例を作ったぞ!私たちは。
谷の方もナイス ビューだった。
08.jpg10.jpg

谷底まで下って Avalanche Creek へ。
河原でお昼ご飯食べて、トレイルへゴー。
こちらも歩きやすくて人が多いトレイル。
杉林は懐かしい感じ。Yellowstone とかこんな感じだったなー。
11.jpg

Avalanche Lake
遠くには氷河も見えているし、なかなかよろし。
12.jpg

ちょっと場所を変えて
30 分ほどお昼寝したり湖面観察したり。優雅な午後。
13.jpg14.jpg

帰りに少し川の方を覗いて見たら結構凄かった。
削られて丸くなった岩、こういうのどこかでも見た記憶あるけど、どこだったかな・・・。
15.jpg16.jpg

往復 3 時間、まあまあ楽しめた。
今日のログはここまで。

あとは真っ直ぐ宿に帰り、洗濯など。
怪しく光る宿。
外観から想像するより内部は綺麗で快適宿でした。
17.jpg

大きなマップで表示


nice!(0)  コメント(0) 

9/14 Wed. PM [-アメリカ・カナダ編]

午後はドライブ
明日の日の出スポットを探しつつのんびり。

見事な氷河地形?U字谷?
すごい滑らかな曲線。スケールでかい。
17.jpg

Jackson Glacier Overlook の駐車場。
知らない人の車だけど、この景色に赤いジープがよく似合う。
肝心の氷河は、遠くてね。。。
18.jpg

Sunrift Gorge の辺り。
富士山みたい!
この辺りの森は再生中。
そういえば、去年か一昨年か大火災があったね。
19.jpg20.jpg

Wild Goose Island
とても綺麗なところだったけど
ワイルド グースというか、ドードリオ・・・。
21.jpg

Saint Mary Lake のどこか。
そろそろ秋の気配。
22.jpg

そのあと、Saint Mary Visitor Center に行って
ショート フィルム(2030年にはすべての氷河が消滅予測らしい)見たりして
一旦公園を出て宿に戻る。

MT49 は細い山道で、US89 から曲がるときに
「え?ほんとにここ?」って感じだった。

Two Medicine Junction とのちょうど中間辺り。
パッチ状の景観は国立公園をずっと見ていた目には新鮮。
明日の朝日はここの近くで見よう。
23.jpg

その後 US2 に入って、ひたすら爆走、のはずだったけど
なーんかトロい車ばかり!
カナダ人が 70 マイルを 70 キロで走っているんだ、きっと!
単位が違うって厄介・・・。

大きなマップで表示


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - -アメリカ・カナダ編 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。