So-net無料ブログ作成
-ノルウェー編 ブログトップ
前の5件 | -

2/12 Fri. [-ノルウェー編]

bodo.png
 
朝 3:00 に下船して、しばらく待合室でボーっとしていたけど
30 分ぐらいして出発。バイバイ Vesterålen。
01.jpg
 
前回と合わせて、船のカード。
乗船、下船のときにバーコードでピッとやって管理。
朝食とかもピッで管理。 
最後もピッとやってさようなら。
00.jpg
 
街中を縫って空港へ。
ずいぶんと綺麗な街。
02.jpg03.jpg
 
コンサート ホールだってあるんだ!
おしゃれ~。この旅で初めて見たよ、こんなもの。
04.jpg
 
さて、港地区を後にして空港へまっしぐら。
05.jpg
 
ダラダラ歩いて 50 分ぐらいで到着!
-5℃ ぐらいだったはずだけど風が無いから寒くないし
暇つぶしにはちょうど良かった。 
06.jpg
 
7:30 ぐらいの飛行機で Oslo へ行き、Copenhagen へ。
Oslo でトナカイさんの毛皮のラグを売っていて
思ったより安かったから買おうかどうしようかとても迷ったけど
結局買わずに帰ってきてしまった。ちょっと後悔。
乗り換えにあと 1 時間あったら買ってたな。
Tromsø の博物館のベンチに敷いてあったけど、とても暖かかった。
 
07.jpg
何気にもう 4 回目のコペンハーゲンの空港で
ガッツリ肉を食べたりして成田便を待つ。
オスロを離れるときは寂しかったけど、ここまで来るともう気分は日本。
こんな都会に用は無い!
帰りの飛行機はボロ シートで最悪だったけど
まあ、無事に帰ってきました。
 
それにしてもノルウェーはいいところだった!
一昨年アイスランドに行ったときも、もう一回来たい!と思ったけど
ノルウェーもまた来たい!ダンナちゃんは夏がいいと言っていたけど私は冬でもいいな。
北極圏の国々はいいところだったな。
 
おまけ。
バレンタインデーが近かったので、コペンハーゲンの空港で購入。
いろいろセットとトリュフ セット。
いろいろセットの普通チョコレートの方が美味しかった(当然 2 人で食べた)。
08.jpg09.jpg 

nice!(0)  コメント(0) 

2/11 Thu. [-ノルウェー編]

昨夜 1:30 ぐらいに Tromsø を出た船は
気がついたら Harstad だった。結構進んだね。
01.jpg02.jpg

朝ごはんの生サーモン スライスは
永遠に食べ続けられるほどの美味しさ。
優雅な船旅万歳。

しばらく大荒れの外海を行き、
The Risøy channel へ。
リチャードさん?が切り開いた海の道。
深さ 7m 幅 100m の浅瀬が 4.8km 続く。
確かに衛星画像でみるとかなりの浅瀬っぽい。
03.jpg04.jpg

ゴマちゃんが住んでるってアナウンスされたので
一生懸命探したけど、今日はゴマちゃん居ないみたい。
05.jpg06.jpg

みなさん展望ラウンジでゆったりとした時間を過ごす。
前の船より更に年齢層高めで古き佳き時代。
07.jpg

橋をくぐって Risøyhamn。
08.jpg

その後、しばらく天気が悪かったので室内でぼーっと過ごす。
雪が舞って海の上も真っ白だけど
動かなくても景色が変わっていく船旅って便利。
10.jpg11.jpg

しかも人少なくて静かなのがよい。
前回の船も今回の船も料金一緒なので
この船で 1 週間旅行とかだったら、ちょっと損した感があるけど
両方とも 1 日半ぐらいの旅だから、どっちも体験できてお得感。

12.jpg
15 時ごろ Stokmarknes に到着。
すぐ側に Hurtigruten Museum があったので
行ってみた。乗客だからタダにしてくれればいいのに
きっちり 50 NOK 取られた。。。
右側の大きな建物と、左側の船に展示があって
まー、まあまあだった。

13.jpg
こっちが乗ってきた船。
なんか、展示の船より小さくてボロっていうのがウケる。
かわいいけども。

 
 
 
こういうのって私の中のノルウェーのイメージ。
そろそろ見納めで寂しくなってきた。
14.jpg

そういえば、この辺りでサーモンの解体ショーが催される予定だったけど
「今日はサーモン手に入らなかったから中止」とアナウンスがあった。
Salmon lack だって(笑)
私たちは別にいいけど、明日の朝ごはんにサーモン出ないのかなぁー。可哀相。 
 
灯台を目印に方向転換して、Hurtigruten のハイライト
フィヨルド地帯を行く。サーモン無いからフィヨルドに集中してね、だって。
15.jpg16.jpg18.jpg

最後くるっと回って狭いところへ。
時間があれば?天候がよければ?この奥へ行くこともあるらしい。
しばらくライトを照らして何かを探している風だったけど、そのまま退散。
19.jpg20.jpg

私も部屋に退散。
ずっと外に居ると流石に寒いし、明日の朝早いので早くに就寝。

ダンナちゃんは 20 時ごろ、こそっと抜け出して
最後のオーロラ鑑賞していたらしい。
もやっとだったって。でも、この旅の勝率 8 割以上。すごい。
21.jpg22.jpg

この後 2 時ごろ起きてシャワー浴びて
3 時ごろ Bodø に上陸。
歩いて Bodø の空港まで移動して、いよいよ旅の終わり。
 
船の軌跡。ログは外に居たりして取れたところのみ。
大きなマップで表示

nice!(0)  コメント(0) 

2/10 Wed. [-ノルウェー編]

01.jpg
今日もいつものカフェで。すっかり顔馴染み。
私のホンジュラスのコーヒーは
近所のコーヒー屋にはない味で美味しかった。
酸味が強くてフルーティ。
 
 

今日は Tromsø 最後の日。
何して過ごすかいろいろ考えた結果、街をぶらぶらすることに。
車でフィヨルド ツアーとかも考えたけど、これすら満員なのだ!何てこった。

昼ごろ歩いて Tromsø University Museum へ。
1 人 60 NOK 也。充実の展示で、これはお得!
まず、ノルウェーの動物の剥製?とかクジラの骨格標本とかがあり
地球温暖化の影響に関する展示とかもあり。
そして、2 階には戦争の記録やサーミ人の生活や歴史に関する充実の展示。
どこの地域でも原住民っていうのがいるんだなー。
北方系白人の繁殖力恐るべしだなー。
サーミ人の教会の内装やオルガン曲(暗い)の展示の部屋は
少々不気味で怖かった・・・。
しかし、とても興味深く拝見し、大満足。
おまけに、ちょうどオーロラに関するフィルムが
30 分ほど上映されて面白かった。
仕組みが解明されるまではオーロラは恐れられていて
子供が攫われる(何だかそういうのってロマンティック)とかいう迷信から始まり
オーロラに関する科学的な説明やノルウェーの観測所の話など。
かなり時間を潰せて楽しかった。
市街地から少し遠いので人も少なかったけど、お勧めの場所。

裏の公園にも屋外展示があったりする。
これは何だったかな?サーミ人の家?
02.jpg

海まで行ってパノラマ写真を撮るダンナちゃん。
03.jpg04.jpg
と、そのパノラマ写真。
05.jpg

博物館まで戻って、横から伸びているトレイルを歩いて島巡り。
このトレイルは、クロスカントリー スキーと徒歩兼用。
時間が遅くなってくると、仕事帰りのスキーヤーがたくさん居た。
06.jpg07.jpg08.jpg

途中の教会。
Tromsø は都会であまり魅力を感じない街だったけど
住宅地に来ると、やっぱりかわいい。北欧的。
09.jpg
 
島の頂上の湖。
もやが出ていた。氷の方が温かくなった瞬間か。
10.jpg11.jpg

しばらく歩くと怪しく光るレーダー サイト。
わざとオーロラ色に光らせてるのかな?
12.jpg13.jpg

ここで、晩御飯を食べに一旦街へ下りる。
14.jpg

腹ごしらえ後、再び夕方の湖に戻ってオーロラを待つ。
20 時ごろ、今日も見えたね、オーロラさん。
15.jpg

Cloud Cover 40 って感じだけど
なんせ街の光を雲が吸収して明るい明るい。
でも、この島に居ても見えるんじゃーん。
他に 2 組ぐらい見に来ている人たちが居た。
昨日まで Tromsø の評価は最悪だったけど
今日のハイキングとかで少し持ち直した。
今日は楽しい一日だった。やっぱり自分で歩いて探検しないとね。
 
バイバイ Tromsø
島の向こうには The Arctic Cathedral
16.jpg17.jpg 

24 時、来たときと同じ場所から再び乗船。
部屋に荷物を置いて船を探検。
今回の船 Vesterålen さんはレトロで窓もかわいい。
18.jpg

ノルウェーを行く客船の中では一番の古株。
昭和な雰囲気。古き良き時代。
前の豪華客船も良かったけど、これはこれでイイ!
19.jpg20.jpg

21.jpg
窓辺に七福神様たちと
GPS ロガーをセットして眠りに着いたけど
6 階建ての 3 階だったので GPS 受信できず。
(前回は 7 階建ての 6 階だった。)
こんなことなら今日の散歩のログ取っとくんだったなぁ。。。
(電池の残量が不安で取らなかったのだ。)
でも、最後の楽しい船旅の始まり! 
 
今日のマップ
22.png 

nice!(0)  コメント(0) 

2/9 Tue. [-ノルウェー編]

今日も優雅に朝食。
昨日と同じカフェ。同じ服(ちなみに毎日同じシャツ)。
ヤギのチーズのサンドウィッチは、パンにハチミツがついていて甘くて美味しかった。01.jpg

Kirkenes で出会ったご夫婦に、Tromsø に行ったら
The Arctic Cathedral とロープウェイに行ったらいいよ。
あと、船で近くの島を周るとか、と教えられたが
ロープウェイは冬なので閉鎖されているし
小船ツアーはよく分からなかったので、とりあえず The Arctic Cathedral へ。

暇なので歩く。
橋を渡った先。
02.jpg03.jpg

船の Excursions book で散々 素敵な写真 を見ていたので
どんなにいいところなのかと期待して行ったのに、
14 時にならないと開かなかった・・・。只今 11 時ぐらい。
外から眺めるだけで終了。やっぱり事前調査は重要ね。
05.jpg04.jpg

渡った橋はこんな感じ。無骨。
06.jpg

さらに暇なので、丘を上って散歩してホテルに帰って昼寝。
07.jpg

今晩は天気悪いらしい、ということでオーロラは諦めて
この旅初のちゃんとした夕食へ。
そして初アルコール。
08.jpg09.jpg

Lofotpils
とても気に入った。Svolvær のブリュワリー。
リンク先の画像のように、スッと入ってくる清水のような爽やかビール。
そういえば、ノルウェーの水は軟水で美味しかった。

20 時ぐらい。
やることもないので、もしかしてオーロラ見えたりするかなー
とか言いながら散歩。
結局見えなかった。何と、この旅初の見えない日!
10.jpg 


nice!(0)  コメント(0) 

2/8 Mon. [-ノルウェー編]

朝から雪。
やはり Tromsø とは相性が悪いのか。

別に急ぐ用事もないので、カフェでゆっくり朝ごはん。
1.jpg2.jpg

そして、特にやることもないので街中をぶーらぶら。
アムンゼンさんと私。そして教会。
3.jpg4.jpg

夜になると雪は止んだ。
18 時、今日もオーロラ ハントに出発。
5.jpg

なんかさ、出発前にちゃんと調べなかったから
Tromsø って、オーロラ ハントの拠点だって書いてあったから
すぐ近くで見られると思っていたんだよ。
違うんだね!
最低でもバスで 2 時間内陸に行かなきゃなんだね(拠点には違いないが)。
ダンナちゃんの友達は個人ツアーでフィンランドまで行ったんだと。
で、個人ツアーだと高いのに予約でいっぱいなんだよ!
天気悪いかもしれないのに事前に予約していないと参加できないなんて博打だよね。
そういう世界なんだねー。都会だねー。

ということで、当日予約の大型バス ツアーで。
一応、ひと山越えたら天気の調子は良くなるらしい。
けど、周辺の町の光が少しうるさいのもあって、もやっとさんでした。
でも 4 日連続見れたってなかなかのもんでしょう。
6.jpg

この日バス ツアーに参加すると決めたのは
オーロラ アクティブ レベルがこの旅で一番の 4 だったから。
でも、もやっとだったよ。
この旅前半で目の肥えてしまった私たちは
オーロラもそこそこにバスの運転手のリチャードとお話したり。
オーロラの活動予報は、太陽活動(放出されたプラズマ量)によって
計算されているけど、実際には地球を通り過ぎていったプラズマが
重力?磁力?によって地球に引き戻されて見えるんだって。
で、放出量はわかっても、いつどれぐらい引き戻されるかは予測できないから
レベル 4 だって見えない日もあるし、1 だって見える日もあるんだって。
へー、なるほどね。そんなもんなのか。
あと、ガイドのヴェロニカの話によると、緑一色に見えるときでも
実際には赤も紫もあるんだけど、人間の目は緑を一番識別し易いから
緑に見えることが多いって。ふーん。
でも、衛星画像をフォールス カラーにするとき、植物を赤にして強調したりするけど
あれと逆の説明だなぁ、と思ったり。そもそも別の話なのか。。。

まあ、そんなこんなでいろんな意味で勉強になった日。
1 人 900 NOK 也。
1 ヶ所しか連れていってくれなかったのにゴードン先生のより高いぜ!
都会価格だね!


大きなマップで表示


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - -ノルウェー編 ブログトップ
メッセージを送る