So-net無料ブログ作成
-キャッスリング ブログトップ
前の5件 | -

しまなみ海道オプショナル キャッスル [-キャッスリング]

2月3日

島から島を渡って帰宅する日。
岩城島から因島へ。今日の船はボロだった。
01.JPG

因島はもう広島県で、愛媛県を出てしまったことにプチ ショック。
しかも何となく本土の田舎の雰囲気。
既に愛媛県の島が懐かしい。

路線バスに乗って因島大橋まで移動して、徒歩で大浜PAへ。
この先食事するところが無さそうだったので、PAで尾道ラーメンを食べる。
綺麗なPAだったけど、まあ、まあまあ。
02.JPG

高速道路の上の歩道橋を渡って、反対側から海岸の方へ下りる。
自転車族にも何組か遭遇した。
楽しそうだけど、坂が多くて結構大変そう。
03.JPG

何気なく歩いていたら、何となく美味しそうな雰囲気の店を発見。
こんな人通りの少ないところでやっていけているんだから美味しいに違いない。
04.JPG

美味かったー!はっさく屋。
05.JPG

最初お試しで1個食べてみた。
美味しすぎて2個目を食べた(ような気がする)。記憶が曖昧。
さらに、おやつに1個お持ち帰りした。
大浜PAでも売っているらしい。
見つけたら絶対に買うべし!はっさくが旬じゃないときの味はわからないけど。

はっさく屋の下の海岸に下りて、しばらく散歩。
06.JPG

因島へんろ 1番札所なんてものがあった。
07.JPG

ここからまた少し山道を上へ。
右上の穴が空いた板は、その昔潮の流れを表示していた電光板と思われる。
08.JPG

灯台とか潮位観測所とかを見学しつつ、島を周って次なるフェリー乗り場へ。
09.JPG11.JPG

この旅最後のフェリー到着。
12.JPG

2日ぶりの本土。
因島は雨が降ったり止んだりで寒かったのに、この快晴!
距離は近いのに、島と本土では天気が全く違うんだなー。
13.JPG

広島空港へ行くバスまで時間があったので、三原城を見学。
小早川隆景の石垣と、完全な海城である縄張りが超カッコイイのに
あろうことか天守台の上に新幹線が!信じられない!
不本意じゃ…な隆景さん。可哀想。。。
14.JPG15.JPG16.JPG

三原の印象が最悪になったところで
さくっと広島空港から羽田空港へ帰京。
最後はなんとまぁ、、な旅になってしまったけど
松山と島の生活はとても楽しかった!


nice!(0)  コメント(0) 

63城 [-キャッスリング]

2月2日

早朝、松山駅直行の市電の架線が凍結とかで来ず
とりあえず松山市駅まで行って乗り換えるという
旅行者にとってはやや難易度の高いイベントを乗り越えて
アンパンマン列車に乗って今治へ。
多度津で切り離されて、アンパンマンが岡山へ、
メロンパンナちゃんが高松へ行くんだったかな。
01.JPG


今治城
なかなかカッコイイ海城。
しかしながら、何となく寂しい印象で、初めて見たぞんざいな扱い(右)。
02.JPG03.JPG

建物はすべて再建で綺麗な場内。
藤堂高虎公。かーっこいーい!天気が悪いから魔界の帝王みたいだ。
04.JPG05.JPG

城主の眺め。
しまなみ海道も見えるし、やはり海城はよい。
場内の展示は甲冑の嵐だった。
家にあってもしょうがないから皆寄贈した、みたいな。
06.JPG

今治城紹介ビデオで誰かの巨石があると言っていたけど
残念ながら工事中で見られず。
オフシーズンは人が少ないのはいいけど、こういうことがよくあるね。
07.JPG

今治港からバスに乗って大島へ。
地元のお年寄りが5人ぐらい居たけど、大型バスはガラガラ。
採算取れているのか心配になった。ジャンボタクシーぐらいがいいのでは。。

終点の大島営業所から20分ほど歩いて村上水軍博物館へ。
展示は、これまでの3城で勉強したことの復習みたいな内容だった。
窓からの能島は普通だけど、空から見た映像はカッコよかった。とても。
08.JPG09.JPG

楽しみにしていた潮流体験までの間、漁協が経営するレストランで食事。
天ぷらも美味しいし、うどんのつゆが甘めで美味しい。
松山名物の甘いうどんがあるらしいけど、それと同じ?
10.JPG

潮流体験、2名から催行でよかった。2名で貸し切り状態の船。
11.JPG

とりあえず能島へ。
かなりちゃんとした城の様子。そして近くは潮が速い。
こんなんで小早で追いかけられたら恐怖!
13.JPG14.JPG

海岸の岩に穴が空いているのは柱があった証拠だとか。
この辺りの島々には、こういう遺構がたくさんあるらしい。
15.JPG16.JPG

ここからしばらく潮流体験。
渦もだけど、ぬめっとしたのも不気味。
今はエンジンがあるからいいけど、昔の人は凄いな。
貸し切り状態なので、船の中を自由に移動して楽しんだ!
17.JPG18.JPG19.JPG

大島大橋の下をくぐって(ここも潮の流れが速いところ)船旅も終盤。
20.JPG

鯛崎島付近で最後の潮流体験。
しかしお地蔵さんの頭がシュールで、興味がそちらに・・・。
21.JPG22.JPG

1時間弱で1,000円也。是非体験するべし。
ただ、満席だと右に左に移動して見学できないのでオフシーズンがいいかも。
23.JPG

本日の宿へ移動するため、まず友浦港まで徒歩で。
レモンと村上水軍の島。
24.JPG25.JPG

海辺を歩きつつ。
港の側の神社はとても雰囲気がよかった。島の暮らしにちょっと憧れ。
26.JPG27.JPG28.JPG

岩城島に「つばめ」でやって来ました。
新しい船には航跡もリアルタイムで表示されていて快適だった。
30.JPG31.JPG

食事の写真と口コミと、離島に行ってみたいという理由で決めた本日の宿。
結果、全部美味しかった!レモン風呂も気持ちよかったし、また泊まりたいなー。

徒歩、電車、バス、船を駆使して移動した一日でした。大満足!
大きなマップで表示

nice!(0)  コメント(0) 

61・62城 [-キャッスリング]

2月1日

南岸低気圧により九州・四国が雪だって。
飛行機飛ぶか心配したけど、松山の人曰く
「四国平野部で雪」のときは松山は降らないんだとか。
寒かったけど、無事にガラガラの飛行機で到着。

湯築城
01.JPG

中世の河野さんの城。
資料館で10分間の映像を見て勉強。
城の全貌。
02.JPG

やたらと綺麗な資料館だった。しかも無料。

ボランティア ガイドのおじいちゃんに是非見てと言われた一枚岩。
どちらかというと土塁展示室の方が魅力的だった。
地味な城だけど展示のセンスがよい。
03.JPG04.JPG

裏に周ると蛇を祀っている神社があった。
雰囲気のよい鳥居をくぐって丘の上へ。向こうの山には松山城。
天候がイマイチなのは仕方ない。本厄と後厄の二人旅故。
05.JPG06.JPG

おじいちゃんに促されて、湯築城スタンプラリーを完了して戻ったら
城ポストカードと城ペーパークラフトくれた(無料)。結構良いもの。是非やるべし。

城側の商店街を抜けて道後温泉へ。
07.JPG08.JPG

入る予定だったけど、寒くて厚着している服を脱ぐのも面倒臭いし
真っ昼間から入る気分でもないなーって感じで、結局見ただけ・・・。
近くの旅館のランチはみかん生搾り機があって、とても美味だった。
が、みかん食べ(飲み)過ぎて体冷えて暫く寒かった・・・。
市電に乗って次は松山城。

松山城
例によって裏から攻めたら意外と簡単に攻略できた。
松山城は表から攻めた方が攻略が難しそう。
しかし裏から見てもこのカッコよさ。
09.JPG

表に回って料金所を抜けて天守閣へ。
松山城カッコイイ!
連立式天守もオシャレな雰囲気。
11.JPG12.JPG

昭和レトロなビデオ(40分番組ぐらい)が流れていた。
寒さを我慢しながら、城の歴史と城の構造について勉強。
かなり面白かった。是非見るべし。
13.JPG

退城してビデオの復習を。
曰く「あらゆる角度から狙われている」。
14.JPG

やはりビデオは見るべきです。

帰りは表の方から。
梅の花が少し咲いていた。梅の季節の松山城も綺麗だろうな。
15.JPG

さすがの加藤嘉明さん。
どの角度から見てもカッコイイ城でした。
この城旅の中でかなりの上位。
16.JPG

下城するとそこは県庁。
県庁も昭和レトロ。
松山のこの雰囲気はとても気に入った。
県庁本館の前には本気塗装のプリウス。
17.JPG18.JPG

ホテルに向かう途中に坂の上ミュージアムや萬翠荘があったので
寄ってみたけど有料だったので、そそくさと退散。
19.JPG20.JPG

大街道入り口のホテルにチェックインして、大街道を散策。
21.JPG

周辺には美味しそうな店がたくさんあった。
どこにするか迷ったけど(いつもの?)肉食べたい、により「はなが牛」に。
カルパッチョがめちゃ美味だった。更に自家製ブリュレも。満腹で満足。

最後はホテルの温泉を貸切状態で。
ホテルに温泉あるから道後温泉本館を無視したわけですが
これで充分満足!

nice!(0)  コメント(0) 

60城 [-キャッスリング]

9月19日

実家からバスでのんびり移動して広島へ。
バスセンター近な城。バス族には便利だな。

広島城
表御門。
素敵な再建で堀の感じもよい。
周りの高いビルがちょっと邪魔だけど。
01.JPG

多門櫓は、この時季無料公開中。
展示はお馴染みの歴史とか模型とか近くの城の紹介とか。
吉田郡山城が面白そうだったなぁ。
02.JPG

太鼓櫓の立派な梁。
最近の再建のようだけど、あるところにはあるんだな、立派な建材。
03.JPG

広島城跡は城と戦争の遺構とミックスな感じで
いろんなところにいろんなテイストのこのような物が配置されていた。
04.JPG

曇っていて残念だけど、こちらも素敵な再建の天守閣。
コンクリート造でも、外観が木造だと雰囲気あるね。
全体的に広島城の再建事業の高感度高し。
07.JPG

何気に一番楽しみにしていた企画展。
すべて撮影禁止だったので、階段からコッソリと。
06.JPG

ムシも目貫になると一気にかわいくなり
ヘビやクモがうじゃうじゃの気味悪い鍔など。
あと、池田さんの甲冑だったと思うけど
生成&朱色の起毛生地にたくさんの蝶々という乙女装備まで。
普段はどこで見られるんだろう。そういうの書いてなかったな。
とにかく面白かった!

満足して退城。
裏御門にいつものあれがあった。
何故かわいいフォント?
08.JPG

裏の堀と石垣もいいね!
09.JPG

おまけ。
05.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

59城 [-キャッスリング]

7月16日

当初行く予定では無かったけど、時間が余りそうだったので飯盛山へ。
今日は市内循環バス乗り放題券で。

とりあえず白虎隊自刃の跡などへ行ってみた。
ここから城を見て落城と勘違いしたんだとか。
01.jpg

烟ってるよね。
湿度が高くて猛烈に暑かった・・・。もう動けない・・・。

ゆるゆる下って、さざえ堂。
六角三層のお堂。
登って下って、すべて一方通行。
珍しいっちゃ珍しいけど何も400円も取らなくたって・・・。
02.jpg03.jpg

さらにゆるゆる下って抜け穴とか。
水は綺麗で涼しげだった(見た目だけ)。
04.jpg

またまたゆるゆる下って参道入口。
紫陽花は涼しげでよいね。
05.jpg06.jpg

しかし下りとはいえ、ムシムシ暑すぎてもう歩けない。。
牛乳飲んでバスが来るまで一休み。
牛肉は米沢の方が美味しかったけど、牛乳は会津若松の方が美味しいなー。

会津若松城
バス乗って、三の丸から登城。
大きな堀と立派な石垣。
07.jpg

再建天守閣。
渋い赤瓦がカッコイイ!
08.jpg

しかし、中は人が多くて暑くて何だか疲れちゃったなー。
しかもスタンプが最後のお土産物屋の中にしかなくて、
人でごった返しているし狭いし、商魂逞しすぎて何だかなー。

疲れちゃたので早々に退城。
09.jpg

朝ごはん食べすぎて満腹なので
七日町で昼ごはんを兼ねてお茶してバスで東京へ帰還。
1時間遅れの5時間半の旅でした。時は金なり。

湿度高くて暑いのはわかっていたけど、やっぱり疲れたなー。
そして会津若松はとにかく商魂逞しかった。。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - -キャッスリング ブログトップ
メッセージを送る