So-net無料ブログ作成
検索選択

初LFJ [-クラシック編]

GW の話になるが、初めて LFJ に行ってみた。
行ってみた結果、私のスタイルじゃないかな。
聴いてみたい公演はいくつかあったけど、お金無いよ、そんなに、って感じ。
フェスティバル的な雰囲気は好きだけど
チケットあと3割ぐらいは安くしてくれないと気軽にいろいろは行けないかなー。

ということで、本当に聴きたいのだけ聴いて帰って来た。

オーヴェルニュ室内管弦楽団
指揮:ロベルト・フォレス・ヴェセス
フルート:上野星矢

ヨハン・セバスティアン・バッハ:管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
ヘンデル:「アルチーナ」から
テレマン:組曲 ト長調「ドン・キホーテのブルレスカ」

やっぱり気になる存在、上野星矢。
朝 9:45 からの公演。何で朝からそんなに完璧に吹ける!?凄いなー。
前回と印象は変わらず、爽やかで真面目な好青年だった。バッハがよく似合う。

指揮者は私の好みではなかったけど、オケが結構主体的で、こういう楽団は好きだな。
フランス人はステージ衣装もオシャレで、ステージ雰囲気も私は好きで
もっと積極的に聴きたいかも。
特に初めて聴いたけど、テレマンのドン・キホーテは大変面白かった。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る