So-net無料ブログ作成
検索選択

キット・アームストロング@浜離宮朝日ホール [-クラシック編]

バード:プレリュードパヴァーヌ、ガイヤルド 『パーセニア』より
バード:ファンシー 『私のネヴェル夫人のヴァージナル曲集』より
モーツァルト:幻想曲とフーガ ハ長調 K. 394
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第17番 ニ長調 K. 576

リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調
リスト:巡礼の年 第3年より「エステ荘の噴水」

J.S.バッハ:プレリュードとフーガ第13番
トーマス・プレストン:ラ・ミ・レ

ところどころで話題になっていたので聴きに行ってみた。
何も聴かないで行ったけど
予備知識としては「変な人」。
会場にはベーゼンドルファー。
やっぱり変な人!若いのに!

ベーゼンドルファーなんて初めて聴いた。
バードは音の粒はあまり出さないで、ほわっと包んで響かせるイメージ
ピアノを聴いているイメージではなく、なかなか面白かった。

一転、モーツァルトの幻想曲とフーガはかなりアグレッシヴで
バッハを聴いているようだった。
続くピアノ・ソナタもかなりアグレッシヴ。
私の中でモーツァルトはあまりそんなイメージ無いなぁ。
強奏部は外に向いてもうちょっと優しく弾いてほしいなぁ。

後半、リストのピアノ・ソナタ。
リストのピアノ・ソナタというとあまり良い印象が無い。
良いと思える演奏を聴いたことが無い。
しかし、彼のピアノ・ソナタはとても興味深く聴いた。
ピアノと相まってか弱奏部は静かに何かを語りかけてくるようで
「うん、うん、」と話を聞いてあげたくなる感じだし
モーツァルトではちょっと、、と思った強奏部もリストにはマッチ。
彼は音量を上げたときに、空間を広げて華やかに、ではなく
自分の中に深く深く、というタイプだね。
だからモーツァルトだとキツく聴こえる。
リストだととても面白い。
このピアノ・ソナタはもう1回聴いてみたいと思った。

エステ荘の噴水は完全にアンコールの感覚だったけど
その後の2曲とともに楽しめました。
アンコールも含め、プログラム構成もよい。
好きな部分とそうじゃない部分があったけど
やっぱり変な人で興味深いおぼっちゃんだった。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。