So-net無料ブログ作成
検索選択

京都東山 [旅行記]

正月早々胃腸炎的なものになりまして
元日の夜から2日は死んでいたけど、3日は少し快復したので
懐かしのデート スポット 青蓮院 へ出かけてみた。

地下鉄降りたら平安神宮へ行く人でいっぱい。
私たちは逆方向へ。
青蓮院を目指していたら 粟田神社 という幟が見えたので
人も少なそうだし何となく寄ってみた。
どこかゆるい雰囲気で(ヒヨコとニワトリのハリボテとか居るし)
本殿はなかなか厳かだし、なんとなくシンパシー。
後で調べたら「旅立ち守護の神」なんだそう。
私たちと波長が合うわけだ。
ダンナちゃんがおみくじ引いたら大吉だったし!
かわいいし、来年も来たい。
01.jpg

そして青蓮院へ移動し、ぼーっとしてから帰ろうとしていたら
青蓮院の飛地境内への案内図が廊下に貼ってあった。
暇だし行ってみる?ってことで、再び粟田神社の裏から登山。
結局京都まで来て正月に登山。東山山頂まで。

着いた先は、飛地境内なのに "また" 500円も取られた。。
500円の価値があるかどうかは置いておいて
京都市内が一望できた。
中央は平安神宮の鳥居。
03.jpg

こちらは将軍塚と大日堂。
02.jpg

帰りは知恩院の方へ下山。
途中で 法垂窟 というのがあって、これまた素晴らしい出会いだった。
石窟の中は水が沸いていて、上からも水が落ちていて鍾乳石も成長していた。
法然も親鸞もここが発生なんだとか。
控えめなパワー スポットでありました。

ここからちょっと下りたらすぐ知恩院だった。
こういうデカい寺にはあまり興味が無いので足早に通り過ぎて東下り。
粟田神社発見のおかげで充実した正月でした。 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る