So-net無料ブログ作成

ダニエル・ハーディング指揮 パリ管弦楽団 [-クラシック編]

11月24日

パリ管弦楽団@東京芸術劇場
指揮:ダニエル・ハーディング
ヴァイオリン:ジョシュア・ベル

ブリテン:オペラ《ピーター・グライムズ》から 4つの海の間奏曲 
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77 

ベルリオーズ:劇的交響曲「ロメオとジュリエット」 op.17 から(抜粋) 
 ロメオひとり ~ キャピュレット家の大宴会
 愛の情景 
 マブ女王のスケルツォ 
 キャピュレット家の墓地にたたずむロメオ

1 週間前にチケット取ったんだけど
1 ヶ月前ぐらいから楽しみにしていた。
3 日前ぐらいからは、とってもウキウキしていた。

ブリテンで、あー、聴きたかった音だー、と大満足。
パリ管がやると、スポーティさは無くてオシャレ。
軽いのに奥深い。
表面でさわさわしているように聴こえるけど
芯のある実態は別のところに存在する、みたいな。
そして奏者がかなり自発的に音楽をしている楽団に思える。
奏者はみんなサウンドの中で自分の居るべき
適切な場所をちゃんと知っている。
パリ管はその能力がずば抜けていると思うんだな、私は。
相変わらず、基本的には溶け込むように知らない間に入ってきて
気がついたら盛り上がっているパーカッションも絶品。
好感度最高。
ブリテンだけでなく、全体的にそんな印象。

統率されていないから緊張感も無くて
なんかザワザワしているけど
みんなで楽しく音楽やってるよ、ほらこの曲いいでしょー
みたいなフランス人(?)大好き。

さて、ヴァイオリン協奏曲ですが、1 楽章は盛大に寝ました。
疲れていたっていうのもあるけど、ジョシュア・ベルは私の好みでは無かった。
明るくて軽く滑らかに流れすぎるかな。
この曲の唯一の聴き所は 2 楽章の頭だった。
極上の木管五重奏(実際には 8~10 重奏だったけど)を聴いているようで
このまま永遠に続けて欲しかった!
芸劇にレ・ヴァン・フランセ聴きに来たのかと思っちゃうほど。

そして後半のベルリオーズも前半同様とても楽しみました。
4 楽章の交響曲風な構成。
ハーディングは、実は初めて聴いたんですけど
表面的な派手さはなく、どちらかというと哲学的な香り。
やり過ぎないちょうど良い感じが好感触。
そして、キャピュレット家の墓地にたたずむロメオの最後が
なかなか衝撃的でした。
大満足の一日。

最後に、パリ管がやるとやはりシャンパンで乾杯!だった
ことを記しておきます。キャピュレット家の大宴会。
思わず座席でリズム取ってしまいそうなほど
リズミカルで楽しかった。さすが!
椅子でお休み中のパーカッションのイケメンも手でリズム取ってたしね。
(これはこれで面白かった読響版は こちら。)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る