So-net無料ブログ作成
検索選択

2/11 Thu. [-ノルウェー編]

昨夜 1:30 ぐらいに Tromsø を出た船は
気がついたら Harstad だった。結構進んだね。
01.jpg02.jpg

朝ごはんの生サーモン スライスは
永遠に食べ続けられるほどの美味しさ。
優雅な船旅万歳。

しばらく大荒れの外海を行き、
The Risøy channel へ。
リチャードさん?が切り開いた海の道。
深さ 7m 幅 100m の浅瀬が 4.8km 続く。
確かに衛星画像でみるとかなりの浅瀬っぽい。
03.jpg04.jpg

ゴマちゃんが住んでるってアナウンスされたので
一生懸命探したけど、今日はゴマちゃん居ないみたい。
05.jpg06.jpg

みなさん展望ラウンジでゆったりとした時間を過ごす。
前の船より更に年齢層高めで古き佳き時代。
07.jpg

橋をくぐって Risøyhamn。
08.jpg

その後、しばらく天気が悪かったので室内でぼーっと過ごす。
雪が舞って海の上も真っ白だけど
動かなくても景色が変わっていく船旅って便利。
10.jpg11.jpg

しかも人少なくて静かなのがよい。
前回の船も今回の船も料金一緒なので
この船で 1 週間旅行とかだったら、ちょっと損した感があるけど
両方とも 1 日半ぐらいの旅だから、どっちも体験できてお得感。

12.jpg
15 時ごろ Stokmarknes に到着。
すぐ側に Hurtigruten Museum があったので
行ってみた。乗客だからタダにしてくれればいいのに
きっちり 50 NOK 取られた。。。
右側の大きな建物と、左側の船に展示があって
まー、まあまあだった。

13.jpg
こっちが乗ってきた船。
なんか、展示の船より小さくてボロっていうのがウケる。
かわいいけども。

 
 
 
こういうのって私の中のノルウェーイメージ
そろそろ見納めで寂しくなってきた。
14.jpg

そういえば、この辺りでサーモンの解体ショーが催される予定だったけど
「今日はサーモン手に入らなかったから中止」とアナウンスがあった。
Salmon lack だって(笑)
私たちは別にいいけど、明日の朝ごはんにサーモン出ないのかなぁー。可哀相。 
 
灯台を目印に方向転換して、Hurtigruten のハイライト
フィヨルド地帯を行く。サーモン無いからフィヨルドに集中してね、だって。
15.jpg16.jpg18.jpg

最後くるっと回って狭いところへ。
時間があれば?天候がよければ?この奥へ行くこともあるらしい。
しばらくライトを照らして何かを探している風だったけど、そのまま退散。
19.jpg20.jpg

私も部屋に退散。
ずっと外に居ると流石に寒いし、明日の朝早いので早くに就寝。

ダンナちゃんは 20 時ごろ、こそっと抜け出して
最後のオーロラ鑑賞していたらしい。
もやっとだったって。でも、この旅の勝率 8 割以上。すごい。
21.jpg22.jpg

この後 2 時ごろ起きてシャワー浴びて
3 時ごろ Bodø に上陸。
歩いて Bodø の空港まで移動して、いよいよ旅の終わり。
 
船の軌跡。ログは外に居たりして取れたところのみ。
大きなマップで表示

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。