So-net無料ブログ作成
検索選択

タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦 [-クラシック編]

タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦@新国立劇場

オペラ デビューをしてきました!
私の葬式では「タンホイザーから」を生演奏の予定なので
下見(?)も兼ねて。

オペラって疲れるのね・・・。
新宿駅で迷子になりそうになり、新国立劇場内で迷子になり、出鼻をくじかれたし。

疲れたけど、タンホイザー面白かった!
これまで序曲しかまともに聴いたことなかったけど
「あの」メロディーが「繰り返し」出てくるのとか完全に恍惚の世界。
合唱団が出てくるのとか良いしね!

ということで(?)第一幕は非常に疲れたけど・・・。
ソリストばかりで進行していくのは少々疲れる。
たまたまそういうタイプだっただけかもしれないけど、ヴェーヌスに少々食傷ぎみ。美人だったけどね。

どうやらワグネリアンに片足を突っ込んでしまったらしいけど
派手目なオペラ、また行ってみようかな~。
派手なのってチケット取れなさそうだけど・・・。 


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

安倍禮爾

とめさん

 おおっ!、タンホイザーを御覧になりましたか!。確かにオペラというのは、ちゃんと観るとすごく大変で!。私はいつも、一部が抜けます(睡眠で)。
 御覧になったのはドレスデン版だったのでしょうか。パリ版やウィーン版だと、ちょっと最初でひっくり返ってしまいますし、日本では難しいでしょうね、上演は。
 仰るとおり、有名な、今までに聴いたことのある曲がどんどん出てきますね。ワーグナーのオペラは、やはり「歴史」を感じさせて、ホントにいいものですね。
by 安倍禮爾 (2013-01-31 01:25) 

とめ

おそらくウィーン版でした。
確かに、いきなりバレエが始まって
え?オペラってバレエもあるの?とビックリしました。
そういうものもあるんですねー。
by とめ (2013-01-31 08:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る