So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

東京・春・音楽祭 ーピアノ三重奏の夕べ [-クラシック編]

東京文化会館 小ホール
ヴァイオリン:アンドレアス・ブーシャッツ
チェロ:オラフ・マニンガー
ピアノ:オハッド・ベン=アリ

ラフマニノフ:ピアノ三重奏曲 第1番 ト短調 《悲しみの三重奏曲》
ブラームス:ピアノ三重奏曲 第1番 ロ長調 op.8
シューマン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 op.63

ラフマニノフは初めて聴いたけど、とってもセクシーな3人。
ラフマニノフにセクシーってイメージはなかったけど
なかなかよい。
じっくり聴かせるタイプで、もう1回聴きたい。

続くブラームスとシューマンも地味でアグレッシヴ。
何と表現していいか分からないけど
ドイツ語を話す人たちの音楽だった。
日本語とか英語を話す人たちだと
どう頑張ってもこんな音楽はできないだろうな、と。
ドイツ人って、こういう音楽を日常的に聴けるんだと思うと
とても羨ましいなーなんて思いながら聴いていた。
そういう日常的な音楽だった。しかも上手い。
そういうのって地味に贅沢だし、好きだな。
TV も含め、最近室内楽ではもやもやすることが多かったけど
久しぶりに充足した時間を過ごせて、行ってよかった!とても。

nice!(0)  コメント(0) 

大阪フィルハーモニー交響楽団@東京芸術劇場 [-クラシック編]

指揮:井上道義

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ト短調「1905年」op.103
ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 ニ短調「1917年」op.112
 
一言でいうと、うーん、、違うなぁ、、、だった。
曲を聴いていても何のイメージも湧いてこなかった。
そんなことは珍しいかもしれない。
楽しみにしていたので非常に残念。
 
あるいはこれがチャイコフスキーか何かなら良い演奏だったと思ったかもしれない。
でもショスタコーヴィチではないかなー。根底が明るい。

nice!(0)  コメント(0) 

キット・アームストロング@浜離宮朝日ホール [-クラシック編]

バード:プレリュード、パヴァーヌ、ガイヤルド 『パーセニア』より
バード:ファンシー 『私のネヴェル夫人のヴァージナル曲集』より
モーツァルト:幻想曲とフーガ ハ長調 K. 394
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第17番 ニ長調 K. 576

リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調
リスト:巡礼の年 第3年より「エステ荘の噴水」

J.S.バッハ:プレリュードとフーガ第13番
トーマス・プレストン:ラ・ミ・レ

ところどころで話題になっていたので聴きに行ってみた。
何も聴かないで行ったけど
予備知識としては「変な人」。
会場にはベーゼンドルファー。
やっぱり変な人!若いのに!

ベーゼンドルファーなんて初めて聴いた。
バードは音の粒はあまり出さないで、ほわっと包んで響かせるイメージ。
ピアノを聴いているイメージではなく、なかなか面白かった。

一転、モーツァルトの幻想曲とフーガはかなりアグレッシヴで
バッハを聴いているようだった。
続くピアノ・ソナタもかなりアグレッシヴ。
私の中でモーツァルトはあまりそんなイメージ無いなぁ。
強奏部は外に向いてもうちょっと優しく弾いてほしいなぁ。

後半、リストのピアノ・ソナタ。
リストのピアノ・ソナタというとあまり良い印象が無い。
良いと思える演奏を聴いたことが無い。
しかし、彼のピアノ・ソナタはとても興味深く聴いた。
ピアノと相まってか弱奏部は静かに何かを語りかけてくるようで
「うん、うん、」と話を聞いてあげたくなる感じだし
モーツァルトではちょっと、、と思った強奏部もリストにはマッチ。
彼は音量を上げたときに、空間を広げて華やかに、ではなく
自分の中に深く深く、というタイプだね。
だからモーツァルトだとキツく聴こえる。
リストだととても面白い。
このピアノ・ソナタはもう1回聴いてみたいと思った。

エステ荘の噴水は完全にアンコールの感覚だったけど
その後の2曲とともに楽しめました。
アンコールも含め、プログラム構成もよい。
好きな部分とそうじゃない部分があったけど
やっぱり変な人で興味深いおぼっちゃんだった。

nice!(0)  コメント(0) 

京都東山 [旅行記]

正月早々胃腸炎的なものになりまして
元日の夜から2日は死んでいたけど、3日は少し快復したので
懐かしのデート スポット 青蓮院 へ出かけてみた。

地下鉄降りたら平安神宮へ行く人でいっぱい。
私たちは逆方向へ。
青蓮院を目指していたら 粟田神社 という幟が見えたので
人も少なそうだし何となく寄ってみた。
どこかゆるい雰囲気で(ヒヨコとニワトリのハリボテとか居るし)
本殿はなかなか厳かだし、なんとなくシンパシー。
後で調べたら「旅立ち守護の神」なんだそう。
私たちと波長が合うわけだ。
ダンナちゃんがおみくじ引いたら大吉だったし!
かわいいし、来年も来たい。
01.jpg

そして青蓮院へ移動し、ぼーっとしてから帰ろうとしていたら
青蓮院の飛地境内への案内図が廊下に貼ってあった。
暇だし行ってみる?ってことで、再び粟田神社の裏から登山。
結局京都まで来て正月に登山。東山山頂まで。

着いた先は、飛地境内なのに "また" 500円も取られた。。
500円の価値があるかどうかは置いておいて
京都市内が一望できた。
中央は平安神宮の鳥居。
03.jpg

こちらは将軍塚と大日堂。
02.jpg

帰りは知恩院の方へ下山。
途中で 法垂窟 というのがあって、これまた素晴らしい出会いだった。
石窟の中は水が沸いていて、上からも水が落ちていて鍾乳石も成長していた。
法然も親鸞もここが発生なんだとか。
控えめなパワー スポットでありました。

ここからちょっと下りたらすぐ知恩院だった。
こういうデカい寺にはあまり興味が無いので足早に通り過ぎて東下り。
粟田神社発見のおかげで充実した正月でした。 


nice!(0)  コメント(0) 

琉球オプショナル キャッスル [-キャッスリング]

12月17日
マイル de キャッスル 2 日目。

まずは座喜味城
朝10時前に着いたら小さな駐車場はほどよくいっぱい。
アメリカ人が半分ぐらい。犬とか連れて、そういう雰囲気。
中城のミニチュア版みたいな感じ。とてもカッコイイ。
20.jpg21.jpg

上から見ても素敵な城だった。
琉球の城は曲線美。
22.jpg23.jpg

移動して首里城
31.jpg

スタンプは押印済だけど、前回 は守礼門は修復中だったし城内もいろいろ工事中だった。
ということで、折角なので入ってみた。
都の門は立派で華美。
24.jpg25.jpg

やっぱり都は違うなぁー!
26.jpg27.jpg

前回工事中で入れなかったところもたくさん入れるようになっていた。
都の建物は涼しげな雰囲気。べんがらも素敵。
28.jpg29.jpg30.jpg

下城して食堂で昼食。
ゴーヤ チャンプルと奥が豆腐チャンプル。
メインも美味しかったけど、刺身がとても美味しかった。
32.jpg

城の方まで戻って玉陵(たまうどぅん)。
城といえば墓。
300円?高い!と思っていたけど入ってよかった。
ガジュマルの森もいい感じ。
33.jpg35.jpg

骨壷を納めた建物は基本的に両脇で真ん中は洗骨場。
沖縄戦のときに破壊されたりしていた写真もあったけど、頑張って修復したらしい。
雰囲気のある建物で、ここが一番パワーを感じたかな。
建物の上にはシーサーが居るよ。
36.jpg37.jpg

番所からの眺め。
毛(?)が揺れると涼しげで琉球時間を感じる。
38.jpg

最後の目的地、斎場御嶽まで移動。
観光客多し、でパワーはまったく感じられず。
昔はパワー スポットだったのかもしれないけど・・・。ガッカリ。
39.jpg40.jpg

最後があまりにガッカリだったので急遽ラスト キャッスルへ!
近くにあった玉城城
世界遺産から漏れた城は、ほどよく朽ちて、ほどよい整備加減。
41.jpg42.jpg

上ったらハート型のアーチがあった!
反対側から見たら普通だけど(この旅初の記念写真)。
43.jpg44.jpg

石垣も半分壊れていて、こういう城はこの旅で初めてだったので
綺麗なのも古いのも見られて、ここに寄ってよかった!
最後は素晴らしい城で終われた今年のキャッスリング。
45.jpg 


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -
メッセージを送る